ぜひ手に入れておきたいヴィンテージ [第3回]|GMTマスター、Ref.1675|ロレックス通信

3回目は、ロレックス 偽物 GMTマスターのRef.1675である。ファーストモデルの弱点でもあったアクリル製ベゼルインサートを、耐久性の高いアルミ製へと置き換え、さらにリューズガード付きの新ケースを採用した第2世代だ。

 初出は1959年。これまで取り上げてきたエクスプローラー、サブマリーナー同様に自動巻きムーヴメントの傑作と呼ばれる1500系を搭載する。そのためいまなお普段使いすることもできるという点で、ぜひ手に入れておきたいヴィンテージの代表的モデルのひとつである。

 ご存じのようにGMTマスターは国際線パイロット向けに時差のある二つの国の時刻を確認できる実用時計として開発された。そのため主なターゲットが高所得層だったのだろう、このGMTマスターは最初からステンレススチール仕様とイエローゴールドの無垢仕様がラインナップされ、この第2世代からはそれらに加えてステンレスとゴールドとのコンビモデルもラインナップに追加されるなどバリエーションが多い点も特徴といえる。

さらにベゼルもGMTマスターのシンボルであり通称ペプシと呼ばれる青赤だけでなく、黒の単色や、ケース素材に合わせた茶の単色、茶金など数種類が用意されている点もこれまで取り上げたエクスプローラーやサブマリーナーと決定的に違う点だ。

 ちなみにこのベゼル、サブマリーナーに比べると比較的容易に取り外しができるため、アルミ製のツートンベゼルインサートの付け換えもどちらかというと簡単だ(と言っても傷を付けかねないためビギナーにはお勧めはしないが)。

 しかも、レアなもので100万円近いものもあれば純正の交換用であれば数万円からあるなど価格も種類も様々だ。そして何よりもベゼルの違いで見た目の雰囲気は大きく変わるため、気分に合わせてベゼルを付け換えて楽しむ愛好家は多く、この点も1675が人気を集めている理由のひとつと言えるだろう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です